ハイランダーと藤田金属の
コラボフライパン&鉄板

ハイランダーから直火OKの鉄製のフライパン&鉄板が登場しました。

ナチュラムと八尾市のコラボ第1弾

ナチュラムと大阪府八尾市が協力体制を組み、モノづくりを行う。
第1弾はキャンパーにも注目されている「JIU(ジュウ)」を手がけた八尾市の藤田金属とのコラボレーション。
「ハイランダー」と藤田金属のブランド「FRYING PAN STORY」の名を冠し、アウトドアで無骨に使え、焚き火にかけられるフライパン&鉄板シリーズが生まれました。

そもそも藤田金属って...?

藤田金属は昭和26年創業の金物製造会社。
現在フライパンをつくる会社は、国内に10社も残っておらず、それらのメーカーは量産型がほとんど。藤田金属は1個からオーダーメイドでフライパンを作れる強みを持ち、鉄・アルミの生産であればお手の物。そこにナチュラムがアウトドアにおける要素を吹き込み、新たな商品が誕生しました。

キャンプで嬉しい2つのポイント

分厚い鉄板で焼いた料理が美味しいというのは、もはや周知の事実。
厚い鉄板は蓄えた熱をほぼ均一に伝えることができるため、強い反面ムラがある焚き火の炎でも、厚い食材やすぐに焦げてしまう食材でもうまく調理する事が可能です。

 ●焚き火フライパン13,16cm:厚さ1.4mm
  ●焚き火フライパン26cm:厚さ1.6mm
  ●焚き火鉄板:厚さ3.2mm

ステンレス製ハンドルを採用。 耐熱性が高く、焚き火やBBQの際、直火にかける事が可能です。
※ただし、調理時の熱を伝動するため調理中は必ず耐熱グローブをご使用ください。

ならしが不要なハードテンパー加工

ハードテンパー加工は使い始めの油ならしが不要の防さび加工です。
一般的な鉄製フライパンは、製造からお客様の手元に届くまでにさびないように防さび塗装を行っています。実際に使う際には、この塗装をはがすために空焼きをし、さらに焦げ付きとさびを防ぐために油ならしが必要です。
ハードテンパー加工は、手作業で高温焼き入れを行い、その後油に浸すことにより初めから油をなじませた加工です。ご購入後はサッと洗うだけで、すぐに使っていただけます。
詳しくは、藤田金属のウェブサイトをご覧ください。

商品情報にスキップ
1 3

HCA-003F

焚き火フライパン(極厚1.6mm)【発送予定1~2日】

焚き火フライパン(極厚1.6mm)【発送予定1~2日】

レビューを記入

通常価格 ¥2,380
通常価格 セール価格 ¥2,380
セール 売り切れ
税込み。 配送料は決済時に計算されます。
- ポイント
Title

在庫あり(発送予定1~2日)

商品の返品について
●いま話題の「ジュウ」を手掛けた藤田金属とHilanderのコラボ商品が登場!ハードテンパー加工を施し、油ならしが不要!直火にかけられるため、憧れの野外料理スタイルをお手軽に。●厚い鉄板は蓄えた熱をほぼ均一に伝えることができるため、厚い食材やすぐに焦げてしまう食材でもうまく調理する事が可能です。●本体材質:鉄製●表面加工:ハードテンパー加工●持ち手:ステンレス鋼●サイズ:直径約26cm(外径)、直径約21cm(内径)、約3cm(深さ)、約11×2.5cm(持ち手)●重さ:約770g●※IH非対応

商品番号: 7000066

詳細を表示する